Posted on 2018-05-24

みやざき子ども未来応援デザインコンペ参加者募集

募集終了

【みやざき子ども未来応援デザインコンペ募集要項】

 

 

主催:宮崎県の子どもの貧困に関する連携推進協議会

 

協力:宮崎大学大学院教育学研究科・宮崎大学教育学部・宮崎大学教育学附属教育協働開発センター、

みやざき子ども未来ネットワーク 名称:みやざき子ども未来応援デザインコンペ

 

趣旨:宮崎の子どもの貧困問題に取り組む宮崎日日新聞社が中心となって、

子どもの貧困問題に取り組む諸団 体とデザイナーを結ぶ機会を創出し、

子どもの貧困問題に取り組む民間団体のニーズに応えるデザインを募集します。

 

デザイナーには、宮崎の子どもの貧困の現状と課題を考慮して、

子どもたちの未来を応援するにふ さわしいと感じられる広告をデザインしていただくとともに、

民間団体には、活動の特質を自覚したり、課題 を整理したりする機会になれば幸いです。

民間団体のニーズをていねいに聴き取り、課題解決に協働して取り 組むプロボノの機会を創出するものです。

本年度は、宮崎県の子どもの貧困に関する連携推進協議会が設立したみやざき子ども未来基金の寄付募集チラシを作成していただきます。

ふるってご応募いただきますようお 願いいたします。

 

課題提出物:A4 サイズの PDF ファイルにて作成し、メールにて提出します。

 

参加資格:実名での応募に限ります。6 月 10 日に開催します説明会に参加できる方とします。

 

応募作品数:お一人につき 2 作品まで応募することが可能です。未発表作品に限ります。

 

応募方法:エントリー、作品の応募は下記メールアドレスにて承ります。

 

メールアドレス:gengen@cc.miyazaki-u.ac.jp

 

エントリー締切:2018 年 5 月 28 日(月)10:00

 

説明会:2018 年 6 月 10 日(日)10:30-12:00 宮崎大学木花キャンパス地域デザイン棟

 

応募締切:2018 年 7 月 9 日(月)10:00

 

授賞作品発表:2018 年 8 月下旬に、宮崎日日新聞紙面にて発表を予定します。

また、9 月上旬に、宮崎日日 新聞社にて、授賞式を行います。

 

審査方法:特別審査員に湯浅誠氏を迎え、グランプリを 1 点決定いたします。

加えて、宮崎日日新聞社賞、宮 崎県知事賞、宮崎大学教育学部長賞、宮崎県児童福祉施設連絡協議会賞、

Swing-By 賞を選定いたします。

 

審査員:(敬称略)

●幸秀樹(宮崎大学大学院教育学研究科教授・造形表現)

●金丸二夫(Design Works 代表・デザイン) 酒生哲雄(宮崎県美術協会理事・写真)

●中島雅隆(宮崎日日新聞社写真映像部長) 横山幸子(宮崎県福祉保健部福祉保健課課長)

●末冨芳(日本大学文理学部教授・内閣府子供の貧困対策に関する有識者会議委員)

 

賞:グランプリ1点 宮崎日日新聞社賞、宮崎県知事賞、宮崎大学教育学部長賞、

宮崎県児童福祉施設連絡協議会賞、Swing-By 賞 ※応募者への授賞作品の通知は 2018 年 8 月中旬を予定しています。

 

著作権、個人情報の取り扱いについて:入賞作品の著作権は、

宮崎県の子どもの貧困に関する連携推進協議会に帰属するものとし、

受賞者と活用方法を協議しながら、受賞者に印刷物等の作成を依頼します。

個人情報は、 目的外利用を行いません。

 

エントリーは以下からダウンロードしてください。

http://www.maao1551.com/download/20180523_designcompe.pdf

 

 

TOPへ