Posted on 2011-03-18

九州行脚プロジェクトVol.1: in 長崎

2011年度から始まりました、f-adc九州行脚プロジェクト。

このプロジェクトは、九州という一つの島の中でクリエイティブ系の仕事に従事する人々と「絆」を深め、切磋琢磨し、さらなる九州の向上を目指して、f-adc会員メンバーが九州各県をめぐり杯を交わすプロジェクトです。

2011年2月26日(土)、第一回目の九州行脚in長崎を行いました。
今回の福岡参加メンバーは総勢16名。「とにかく、長崎メンバーと酒を呑みながら語るぞ!」という目的で出発です。

 

5時1分博多発のカモメに乗っていざ長崎へ。

長崎に到着してまずホテルにチェックイン。今回の宿泊先はまとめてビジネスホテルロイヤルです。予想以上にノスタルジックなホテルで皆さんそわそわしていました。

宴会場へ。長崎の参加者の皆さんもぞくぞくと集まってきました。長崎メンバー参加者は20名、総勢36名の参加となりました。名前を書いたシールを胸にはり、宴会スタートです。
まずはf-adcの紹介とメンバー紹介、今回の目的を簡単に説明。
そして乾杯の音頭ともにグラスを合わせる音が鳴り響きます。

名刺交換や、ちょっとした作品集を見せ合いながらの自己紹介。
参加メンバーはデザイナー、アートディレクター、ライターにカメラマンと様々。
だんだんと打ち解け、盛り上がっていきます。

あっという間の2時間。もちろん、場所を移動して会は続きます。

有名な唐揚げ屋さん。突然の30人近い来客にも快く対応してくださいました。
料理は唐揚げのみ潔く注文し、一つの部屋でメンバー全員大盛り上がりです。
地方ならではの制作の悩みや、打開策、これからの夢の話。話題は尽きません。

その後も、3次会4次会…朝方まで宴は続きました。
長崎メンバーの皆さん、本当にお付き合いいただきありがとうございました!
ここでの出会いを大切に今後ともよろしくおねがいします。

さて、行脚2日目。ここからはおまけです。
朝10時にホテルのロビーに集合して、長崎観光へ出かけました。

長崎県立美術館を目指していた一行ですが、降りた駅の目の前にあった出島記念館へふらりと入場。国際的な長崎の歴史に興味津々です。

長崎県立美術館ではスイスのヴィンタートゥール美術館コレクション展が行われていました。建物や近くの公園の美しさにも目を奪われました。

お昼が近づいてきたので中華街へ。円卓いっぱいに、ちゃんぽん、皿うどん、豚角煮まんじゅう…大満足です。

食後は徒歩で孔子廟へ。整然と並んだ像と凝った装飾に感動。

最後は大浦天主堂へ。教会を見学し、記念撮影。ちょっと修学旅行を思い出してしまいました。
なかなか社員旅行の機会が無いメンバーにとっては嬉しい2日間でした。


第一回f-adc九州行脚in長崎。長崎の皆さんとおいしいお酒を呑み、絆を深め、また現地の文化にも触れ、収穫の多いプロジェクトとなりました。次回は4月、行き先は熊本です。長崎に参加できなかった皆さん、そして熊本の皆さん、ぜひ一緒に語り合いましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Posted in 九州行脚

TOPへ